気まま男、あいしろう の 思いつくまま、ランチタイムなんかに 

思いつくまま、気ままに食べることが好きなので食べながら綴っていきたいと思います。

天皇陛下 即位の礼を観ながら感じたこと

10月22日から天皇陛下即位の礼の一連の催しが行われ先週末11月10日には祝賀御列の儀としてパレードが行われました。

 

伝統的な行事、衣装、進行は興味深く、そして饗宴の儀、パレードまでの天皇皇后両陛下の振る舞い、お言葉は素晴らしかったです。 

 

私は先の天皇陛下である上皇上皇后、また新しい天皇陛下皇后陛下の振る舞い、行動を素晴らしいと思い尊敬しています。また天皇家、皇室、儀式、伝統は歴史の事実、積み重ねとして興味深く思っています。神社や古事記も(ファンタジー好きの神話愛好の側面はありますが)好きで、神社巡りもしています。

 

しかし相手の立場に立って考えることが重要とよく言われます。そこで天皇陛下や皇室の立場で考えると、「何で自分はこの家に生まれたんだろう」と思うことはあるんだろうなと想像します。

 

今どき、「家を継ぐ」とか「親の都合」からは自由に、自分の道を進むのは普通のことです。しかし皇族、特に皇位継承者の人には自分の好きな道を選ぶ自由はないのです。

 

映画「ローマの休日」の王女のようにローマで自由に振る舞い、恋をしたくなるのが普通の人だと思います。

 

今や「自分に素直に生きよう」という言葉が歌やドラマなどに氾濫しています。

 

天皇陛下は私とほぼ同世代なのですが、ぶっちゃけの意見を聞いてみたいなと思います。

 

そんなことを想像しながら、皇室の方々のある意味「自己犠牲」の上にこのお祝いや制度は成り立っているのだなと思い、更に敬意を払いたいと思いました。

 

f:id:Aishirou:20191114065438j:image

 

昨日のランチは天丼とうどん。うどんを食べたいと思ったのですが天丼付きになってしまいました。。

 

ではでは。

 

 

奈良 興福寺の南円堂、北円堂の同時公開。並ぶの嫌いなに2時間並んだ。。。

時間が前後しますが11月初旬の連休に行った関西旅行の最終日は奈良まで脚を伸ばしました。今回私にとっての大本命、興福寺の北円堂、南円堂の同時公開を観るためです。

 

なにそれ?と思われる方もいると思います。私は仏像が好きなのですが、その中でも運慶の仏像に憧れています。

 

興福寺は歴史あるお寺で、阿修羅像を初め多くの仏像を保持しています。その中でも北円堂、南円堂には運慶と慶派の仏像が安置されているのですが通常は非公開です。しかし今秋、同時公開されているのです。それぞれのお堂が公開されることはあるのですが両方が同時公開するのは稀で6年振りだそうです。

 

f:id:Aishirou:20191110172736j:image
f:id:Aishirou:20191110172740j:image

私は北円堂の公開を観たことはあるのですが南円堂の中は初めて観ました。その南円堂には運慶の父、 康慶が彫った像があります。中央の観音菩薩像は見事でした。周りの四天王像も素晴らしいです。

 

北円堂は運慶の作が並んでいます。中央の弥勒如来像も素晴らしいですが、私としては、後方にある「無著菩薩立像・世親菩薩立像」が運慶の中で最高、いや世界でも一番の彫像の一つだと思っています。実在した僧侶がモデルですが、目つき、表情、体の姿勢など、まるで生きているような存在感のある木像です。運慶展で上野に来たこともありますね。

 

今回南円堂、北円堂を同時に見て両者の像の良さと違いを比較できたのは嬉しい体験した。

 

内部と仏像の鑑賞はそれ程混んでなくじっくり観られて良かったのですが御朱印を頂くのに時間がかかりました。ちょっと並んでいて頂くかちょっと迷ったのですがせっかくだからと列についたら何と2時間近くかかってしまいました。途中で諦めても良かったのですが並ぶとちょっと意地になってしまいますね。南円堂の御朱印には通常の以外に歌(御詠歌)のもあり、それを達筆な直筆で頂けたのは良かったです。待った甲斐がありました。

 

奈良も好きで何回か訪れてますがまだ来たいですね。

 

f:id:Aishirou:20191110172600j:image
f:id:Aishirou:20191110172551j:image
f:id:Aishirou:20191110172556j:image

 

奈良名物の柿の葉寿司。家に帰って美味しくいただきました。

 

ではでは。

 

 

昨日はライブに参戦 阿部真央 弾き語りらいぶ2019

昨夜は渋谷にライブを観に行ってきました。阿部真央 弾き語りらいぶ2019。会場はライブハウスTSUTAYA O-EASTでした。

阿部真央は今年でデビュー10周年で東京では武道館、日比谷野音に続いて単独ライブは3本目。思えばそれぞれの特徴ある箱での開催ですね。

 

昨夜のライブはアコギ一本の一人弾き語りで、デビューアルバムからの初期ナンバーのコーナーもあって、私自身にとっても感慨深いいい体験でした。

 

私が阿部真央のライブに初めて行ったのは2011年の日比谷野音です。旅行先でドライブ中のラジオで知ったのがきっかけでした。強く響く声と若いのに威勢のいい楽曲に野太いロックを感じ惹かれました。その後は東京開催の単独ライブはほとんど行っています。今は優しさやお茶目なところも気に入ってます。

 

昨夜、ニューアルバムの発売が発表されたのですがタイトルが「まだいけます」。

ドンドンいっちゃってえ!

 

f:id:Aishirou:20191109154055j:image

 

ライブ前に渋谷の老舗ラーメン屋で腹ごしらえ。

 

ではでは。

 

(付録) 

ライブのセトリ

 

ロンリー

ふりぃ

逢いに行く

デッドライン

マージナルマン

貴方の恋人になりたいのです

キレイな唄

人見知りの歌 〜共感してもらえたら嬉しいって話どうす〜

MY BABY

コトバ

この愛は救われない

morning

どうしますか、あなたなら

モットー。

I wanna see you

 


—アンコール--------

27歳の私と出がらし男

ストーカーの唄〜3丁目、あなたの家〜

母の唄

 

 

ふりぃ

ふりぃ

 

 

 

 

京都の楽しみ 食事 いい時間を過ごせました

京都には年に1-3回位訪れるのですが、大きな楽しみの一つが食事ですね。いい飲み屋やご飯どころがたくさんあっていつも楽しみにしています。

 

ただ有名なところや人気店は直前ではなかなか予約が取れず、とはいえ気ままな私としてはそんなに前に食べるところを決められないので、自ずと空いてそうなところに行きます。でも京都には素敵な店がたくさんあるのでいつもいい時間を過ごせます。

 

外国人観光客の増加もあり繁華街は人でごった返している京都ですが、チョット裏道入ったり、店内に入ると、そこには落ち着いた空間があったり、適度なざわめきの空間があったりして楽しいです。東京の繁華街より小規模ないい飲み屋とかが多くて私は好きです。

 

今回はワインと和食を楽しめるお店でいい時間を過ごせました。

 

f:id:Aishirou:20191107124015j:image

 

また京都に行きたい。

 

ではでは。

 

 

 

 

関西3日目 京都「円山応挙から近代京都画壇へ」展

関西3日目は京都へ移動し京都国立近代美術館で開催している展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」を観に行きました。先月、上野の東京藝術大学美術館で観た同展の京都版です。違う展示物で観たい絵もあったので脚を伸ばしました。

 

私が好きな絵のタイプは、リアルさをベースにしたキリッとした絵か、捉えどころのない極端に抽象さを伴った絵です。中途半端な曖昧さやデフォルメはあまり好きではありません。

 

円山応挙という画家は、江戸時代後期という西洋の文化が押し寄せた時代に、従来の日本画の様式美から離れて西洋的リアルさを日本画に取り込もうとしたのだと感じました。そのために多くの写生をされ、それらも展示されていました。鴨やウサギがとてもリアルなのに対し熊はリアルではないのが興味深かったです。多分、熊は実物をなかなか観察できなかったのでしょうね。当時は動物園もないし。

 

その応挙の流れを汲んで日本画手法でリアルさを実現した一つの到達点が竹内栖鳳(たけうちせいほう)という画家なんだと思います。今、私は竹内栖鳳にハマってます。ここの美術館の常設展にも何点か絵がありましたが他の絵も実物を観たいです。特にライオンの絵(三重県立美術館所蔵の「虎・観た獅子図」など)を観たいです。雑誌等で観ただけですがこれが日本画なのかと圧倒されました。

 

f:id:Aishirou:20191106230506j:image
f:id:Aishirou:20191106230502j:image

常設展にあった竹内栖鳳の絵

 

後、都路華香の鷲の絵の実物が観られて良かったです。今回のお目当てでもありました。

 

写真という手段、CGという手法をもった今、絵画にとってリアルというのはマイナーな手法だと思いますが、構成、構図、光陰の扱いで、未だに様々な表現の可能性がある手法だと思います。画家には最低でもデッサンや写生を経てアレンジに進んで欲しいなと思います。

 

ということで楽しめた展覧会でした。

 

f:id:Aishirou:20191106230748j:image

 

美術館のそばで買った老舗お菓子屋の栗きんとん。美味しかったあ。

 

ではでは。

 

 

芸術新潮 2019年 09 月号

芸術新潮 2019年 09 月号

 

 

 

別冊太陽211 竹内栖鳳 (別冊太陽 日本のこころ 211)

別冊太陽211 竹内栖鳳 (別冊太陽 日本のこころ 211)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪 2日目 初心者的になんばグランド花月へ

大阪 2日目。観光客定番のなんばグランド花月へ。2年くらい前にカミさんを連れて来たら、それ以来彼女はハマって、今ではMXテレビの放送を毎週観ています。昨年は東京公演も行ったのですが今回は久しぶりの本場での生の観賞。

 

前売り券を予約していたので前から2番目と近くで観ることができました。

 

演劇の前の出演は

ウーマンラッシュアワー/アジアン/テンダラー/トミーズ/中田カウス 漫才のDENDO/桂小枝西川のりお・上方よしお (順番は間違ってるかも)

 

ウーマンラッシュアワーの村本さんの早口漫才と「そう言って原発で儲けてるのは私です」という自虐的オチはシニカルで面白かったです。テンダラーやトミーズは前も観たネタがありましたが(不本意にも) また受けて笑ってしまいました。やっぱり漫才や落語も生で観た方が面白いですね。

 

新喜劇はスッチーが座長で酒井藍ちゃんも出る豪華メンバーが出演。タイトルは「クレームソーダはどんな味!?」で、スッチーがちょっとややこしいクレーマーの家族のお父さん役。その家族が古き良き家族経営の喫茶店の客としてクレームつけて絡むという展開のお話。スッチーと藍ちゃんなどが途中アドリブなのかホントに笑ってるような場面もあって面白かったです。

 

各役者がいつもの定番ギャグをやらない配役やセリフ廻しだったのですが11月連休シーズン向けの特別趣向だったのかもしれません。スッチーが女装して演じるスチ子のファンのカミさんは、今回はスチ子じゃなく、恒例の飴ちゃん投げもなかったのでちょっとガッカリしてました。

 

新喜劇って古典的なダジャレや定番ギャグがありお話の展開も同じようなのもあるのですが、その定番がキャラクターを際立たせて、アイツがまたやってるよっというくだらなさがたまらなく面白いです。

この日も1日に4公演あってそんな多くの公演を毎日続けてるのは凄いですね。

 

また行きたいです。今度はスチ子かな。

 

f:id:Aishirou:20191104164926j:image

 

その日のランチは大阪スパイスカレーのボタニカリーへ。たくさんの野菜や具材が盛られたお皿は美しく、カレーの味もスパイスが効いて美味しかったです。朝10:00前に整理券をもらいに行ったのですが、整理券をもらえば並ぶ必要がないのも嬉しい配慮でした。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

ユニバーサルスタジオジャパン 初体験

この連休は金曜日に1日休み付けて関西に旅行に来ています。カミさんの希望で金曜日は大阪、ユニバーサルスタジオジャパンに行きました。私はロサンゼルスやオーランドのユニバーサルスタジオは行ったことがありますがジャパンは初めてです。カミさんはこれが初のユニバーサルスタジオ体験です。

 

金曜日、平日というのに園内は凄い人出でした。特に高校生や大学生が多かった印象です。ちょうどハロウィンのイベント週間の最中というのもあったと思いますが、みんなよく休み取れるなあと思いました。

 

カミさんがハリーポッターを観たいと言っていたのですが並ぶのが嫌いな私は、ハリーポッターを優先的に観られるというVIPツアーを予約しました。これが正解で親切なガイドさんが園内を歩きながら見所や裏話を交え案内してくれポイントで記念撮影もしてくれて初心者の私達にはありがたかったです。もちろんハリーポッターの混んでるアトラクション 3つは、どれもほとんど待たずに乗れ、他にもスパイダーマンをガイドと一緒の時間内に、後二つのアトラクションも違う時間にエクスプレスパス扱いで優先的に乗れました。ガイドツアー自体は正味3時間位でしたが適度に休憩など取りながらゆっくり廻れました。

 

ガイドツアーの前後と合わせて結局下記のアトラクションを楽しみました。カミさんが好きでないのでジェットコースター系はほとんど乗りませんでした。正直、私はちょっと乗りたかったのですが。。。

 

 

・スペース・ファンタジー・ライド: グルグル廻されて目が回り降りたときはちょっとヨタりました。

・シング・オン・ツアー: 動物達が実際に歌って踊るショー形式で楽しかったです。

 

ここからガイドツアー

・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド : 3Dはなかなかの迫力でした

 

・オリバンダーの店: 魔法の杖を選ぶ(選ばれる?)お店。役者の白人の方の演技がなかなか楽しいです。この人は日本が好きで住んでるのでしょうか? チョット興味を持ちました。

 

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ: 今回唯一のジェットコースター系アトラクション。かわいいジェットコースターですがこれでもカミさんは結構怖がってました。

 

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー: 今回のメインイベント。ガイドツアーでは事前に別の道を通ってお城の紹介も付いていて良かったです。アトラクションの方は内容はLAのと同じ感じでした。飛び抜けるスピードや上下の動きに、スリリングな展開は楽しかったです。カミさんも喜んでました。LAのときはあまり感じなかったのですが、今回はチョット船酔いのようになり気持ち悪くなりました。年のせいかな。

 

ターミネーター 2:3-D: リアルな人間と映像が交錯する構成で3Dも効果的に使われていて内容も面白かったです。

 

ジュラシック・パーク・ザ・ライド: 最後の水しぶき浴びる落下がメインですかね。カミさんはガイドツアーで渡されたポンチョを羽織って助かりましたが私はポンチョを着てなかったので上半身、足もビショビショになりました。一番前に乗ったので水しぶきが多かったのもありますが。隣に座ったカップルもビショビショでかわいい女の子が「最悪ーっ」と叫んでましたが彼氏がその後どうフォローしたのか気になります。

 

ジョーズ: LAのとちょっと違う展開のような気もしますがLAのも記憶が曖昧なのでよくわかりません。サメが水の中から口開けて飛び出すのが主な趣向で、まあそれなりの展開でした。

 

ウォーターワールド: LAのと内容は同じ感じでしたが水かけありジェットスキーのアクションあり炎あり人の迫力あるアクションありと映像じゃないリアルな展開が楽しかったです。お話はまあそれなりですが。。

 

ハロウィン週間ということで夜になるとゾンビ、モンスター達が繰り出しウロウロしてました。まだゾンビダンスとかもやっていて観客も一緒に踊って盛り上がっていました。

 

f:id:Aishirou:20191103224014j:image

狼男だよ。

 

そんな楽しげな夜でしたが疲れた二人は早めに引き上げました。

 

そうやって二人のユニバーサルスタジオジャパン初体験の1日は終わりました。楽しかったけどまた行くかは微妙です。

 

f:id:Aishirou:20191103224131j:image

 

ランチはハリーポッターエリアのレストランへ。

ハロウィンスペシャルプレート。チキン、ポークのスペアリブにパイと、多分オーブンで焼いてるんだろうけど変な味付けもないシンプルな料理で下手なファミレスよりはまともでした。トウモロコシ1本を廻りの葉っぱごと料理してあるのはビジュアルとしてインパクトありますね。

 

ではでは。